CREST 研究課題「物質のトポロジカル相の理論的探究」(グラント番号 JPMJCR19T2)

CRESTの「トポロジカル材料科学に基づく革新的機能を有する材料・デバイスの創出」の研究課題「物質のトポロジカル相の理論的探究」の活動を紹介します.本研究課題の代表は河東泰之(東京大学大学院数理科学研究科),主たる共同研究者は佐藤昌利(京都大学基礎物理学研究所),古崎昭(理化学研究所)です.

特定有期ポスドク研究員(フルタイム)1名を募集します.

特定有期ポスドク研究員(フルタイム)1名を募集します.

・2021年4月30日,ポスドク研究員 Marra の論文が Nature Physics に掲載されました. (京都大学によるプレスリリース)

・12月1日付で Colin McSwiggen がポスドク研究員としてアメリカから着任しました. コロナウイルスのため来日が大幅に遅れました.

・12月17,18日に京都大学基礎物理学研究所で,オンライン・現地参加のハイブリッド集会"Theoretical studies of topological phases of matter"を開きます.参加ご希望の方は上記ウェブページで登録をお願いします.Zoom リンクは登録された方にお送りします.

・本課題のオンラインセミナーを11月27日に開始します.

・現在,特定有期ポスドク研究員(フルタイム)2名を募集中です. (10月14日に締め切りました.)

・京都大学基礎物理学研究所で,本研究費による特定助教1名の公募を開始しました.

・理研で本研究費による特別研究員1名の公募を開始しました.

・2020年1月26〜28日に東大数理でCREST チュートリアル・ワークショップ「物質のトポロジカル相の理論的探究」を開催します.

・東大数理で本研究費による特定有期ポスドク研究員として Pasquale Marra が着任しました. (2019年12月1日)

・再び特定有期ポスドク研究員(フルタイム)を募集します. (1月3日に締め切りました.)

この研究費に関するお問い合わせは河東泰之 yasuyuki@ms.u-tokyo.ac.jp までお願いします.

河東泰之(Yasuyuki Kawahigashi)のホームページに戻る.