東京大学 オープンキャンパス2006
日時 2006年8月2日(水) 13:20 〜 16:30
場所 東京大学 大学院数理科学研究科 大講義室

プログラム

☆ 13:30 〜 16:30 『学部学生・大学院生・教官との質問コーナー』

内容 大学ではどのような数学を学ぶのか、数学の研究というのはどのようなことをするのか、数学にはどのような分野があるのか、数学者はどのようなことを考えているんか、など、教官と学生・院生が皆さんとの談笑を通じてこのような疑問に答えるコーナーです。ただし、受験数学は取り扱いません。
☆ 13:30 〜 14:10 『模擬講義 - 神保 道夫 教授』
題目 『解ける』ということ
内容 高校の数学では「問題を解く」=「数式で具体的に答えを書く」です。数学の歴史上でも長いことそうでした。このような「幸福」な状況は、実は圧倒的多数の場合に望めないことなのです。それでもなお、具体的に解ける少数の場合(可積分系といいます)を探し、解ける理由を追求するとき、見えてくるものをお話したいと思います。
☆ 14:30 〜 15:10 『模擬講義 - 志甫 淳 教授』
題目 素数とゼータ関数
内容 素数が無数にあることはユークリッドの原論で証明されているが、リーマンのゼータ関数を用いて示すこともできる。また、3で割って1余る素数や8で割って3余る素数などが無数にあることはディリクレによりL関数を用いて1837年に証明された。この講義ではゼータ関数、L関数について簡単に紹介し、これらの証明の方法について概説したい。
☆ 15:20 〜 16:30 『数理科学研究科施設見学』
  1. 地階 大講義室 (研究科長挨拶)
    研究科長挨拶の映像
  2. 1階 図書室
  3. 1階 資料室(数学関連模型)
  4. 2階 計算機室
  5. 2階 コモンルーム


作成日: 2004年8月4日(水)