研究集会「モジュライ空間のシンプレクティック幾何」

概要

の支援により,本研究集会は開催されます.

トポロジーや双曲幾何学が可積分系や数理物理と密接に結びついています. リーマン面のモジュライ空間は双方を結びつける重要な対象の一つです. モジュライ空間はWeil-Petersson形式から定まる自然なシンプレクティック構造が入り,そのWeil-Petersson体積の関係式であるMirzakhani公式やその拡張のEynard-Orantinの位相的漸化式などのように,多くの分野への波及効果も高く,精力的に研究されています. 今回はモジュライ空間の射影的接続に絡むシンプレクティック幾何とその周辺分野に関する論文の精読とオリジナルの講演を合わせた研究集会を以下の要領で開催します.

連絡

講演者

プログラム(印刷用pdf)

1月26日(金)
13:00〜14:40 河井 真吾(東工大理学院)
The symplectic nature of the space of projective connections on Riemann surfaces

15:00〜16:40 宮地 秀樹(阪大理)
Teichmüller theory and shear coordinates

17:00〜17:45 信田 萌伽(東大数理)
On cobrackets on the Wilson loops associated with flat GL(1,R)-bundles over surfaces

1月27日(土)
9:50〜11:30 小櫃 邦夫(鹿児島大理)
Symplectic structures on the space of quadratic differentials

13:30〜14:30 石橋 典(東大数理)
Moduli spaces of 3d gravity

14:50〜15:50 石橋 典(東大数理)
Generalised shear coordinates

16:10〜17:10 田所 勇樹(木更津高専)
Symplectic structures on the space of projective connections

1月28日(日)
9:50〜10:20 石橋 典(東大数理)
The gravitational symplectic structures

10:20〜10:50 逆井 卓也(東大数理)
The mapping class group action in shear coordinates

11:10〜12:10 池田 暁志(東大 Kavli IPMU)
Schwarzian and linear second order equations on Riemann surfaces

13:30〜14:00 浅香 猛(東大数理)
Earthquake maps of a once-punctured torus

14:00〜15:00 逆井 卓也(東大数理)
Mapping class group actions on moduli spaces of 3d gravity

リンク集

世話人: 田所勇樹 (木更津工業高専),逆井卓也(東大数理),河澄響矢(東大数理)
連絡先: