KETpicとは?

KETpic(Kisarazu Educational Tpic)とは,LaTeX文書に数式処理ソフトで作成した図を挿入することが できるマクロパッケージであり,現在はMaple, Mathematica, Scilab版等が開発されています. ダウンロードや詳しい解説は公式ページ に譲ることにして,こちらではScilab(私はバージョン5.3.1を使用)版KETpicについて紹介します.
Mathematica版はこちら

特徴

こちらのサンプル(pdfファイル)をみてください.

簡単使い方(私的)

  1. Scilabのインストール
  2. KETpic for Scilabのインストール

  3. 公式ページ内のダウンロードから, 最新のKETpic for Scilab(ketpicsciL5v3_5_0a.zip)をダウンロード・解凍し,KETpic本体(ketpicsciL5と言うフォルダ) およびをScilabが読み込めるフォルダに移動する.私は I:/files にKETpicフォルダを作り,そこにフォルダ ketpicsciL5 を移動した.

  4. 作業用フォルダの作成
    作業用フォルダを作成する(どこでもよい).ここでは,例えば,Cにtexfilesと言うフォルダを作成しておく. さきほどダウンロードしたパッケージから,sample.texを作業用フォルダC:\texfilesに移動する.
  5. 図ファイルの作成
    下記のサンプル(pdf)から, 作ってみたい図のファイルをダウンロードして,作業用フォルダC:\texfilesに入れる(他のファイルはある便利だが,今回は使わない). たとえば,scilab1.nbと言うファイルをダウンロードしたとしよう.scilab1.nbをダブルクリックで開き,実行する.すると, 作業用フォルダC:\texfilesに新しくfig1.texと言うファイルがpicture環境で得られた.
  6. コンパイル
    sample.texファイルを開き,\input部分を書き換え,必要に応じて, \usepackage部分を追加する.
        \documentclass{jarticle}
        \usepackage{amsmath, graphicx, color}
        
        \newlength{\Width}%   KETpic特有のコマンド
        \newlength{\Height}%  
        \newlength{\Depth}%
    
        \newcommand{\bd}[1]{\mbox{\boldmath$#1$}}%  よく使うコマンド
        \newcommand{\Fbox}[1]{\fbox{$#1$}}%
    
        \begin{document}
    
        \input{fig1.tex}
    
        \end{document}
       


    コンパイルすれば,sample.dviと言う図つきのTeXファイルが作成できる.
  7. 最近はKETpicパッケージと言うのがあるらしい. 公式ページ内のダウンロードのtexmacro のketpicstyleF20100917.zipに ketpic.styと言うスタイルファイルがあるので,しかるべき 場所(私の環境では C:\tex\share\texmf-local\tex\)にそのファイルを移動させるだけ. プレアンブルに\usepackage{ketpic}を追加すればよい.KETpic特有のコマンドを入力する 必要がなくなるのがメリットだ.

サンプル(pdfファイル)ダウンロード

Scilab ファイルダウンロード(右クリック保存推奨)

1.sce 2.sce 3.sce 4.sce 5.sce
6.sce 7.sce 8.sce 9.sce 10.sce

注意とお詫び