KETpicとは?

KETpic(Kisarazu Educational Tpic)とは,LaTeX文書に数式処理ソフトで作成した図を挿入することが できるマクロパッケージであり,現在はMaple版とMathematica版が開発されています. ダウンロードや詳しい解説は公式ページ に譲ることにして,こちらではMathematica(ver.6)版KETpicについて紹介します.

特徴

こちらのサンプル(pdfファイル)をみてください.

簡単使い方(私的)

  1. インストール

  2. 公式ページ内のダウンロードページから, 最新のKETpic for Mathematica Ver. *.* Package をダウンロード・解凍をし,KETpic本体(ketpic6.m)をMathematicaが読み込めるフォルダに移動する.私は C:\Program Files\Wolfram Research\Mathematica\6.0\AddOns\Packages\内にKETpicフォルダを作り,そこに「.m」 ファイルを移動した.

  3. 作業用フォルダの作成
    作業用フォルダを作成する(どこでもよい).ここでは,例えば,Cにtexfilesと言うフォルダを作成しておく. さきほどダウンロードしたパッケージから,sample.texを作業用フォルダC:\texfilesに移動する.
  4. 図ファイルの作成
    下記のサンプル(pdf)から, 作ってみたい図のファイルをダウンロードして,作業用フォルダC:\texfilesに入れる(他のファイルはある便利だが,今回は使わない). たとえば,1.nbと言うファイルをダウンロードしたとしよう.1.nbをMathematica ver.6で開き,実行する.すると, 作業用フォルダC:\texfilesに新しくfig1.texと言うpicture環境で得られた.

    2行目の Get[ "KETpic\ketpicapp6.m"]は不要なので削除してください.また,エラーメッセージが出てきますが, とりあえず実行できるはずなので,そのままにしておいてください(解決策をご存じの方は教えてください).
  5. コンパイル
    sample.texファイルを開き,\input部分を書き換え,必要に応じて, \usepackage部分を追加する.
        \documentclass{jarticle}
        \usepackage{amsmath, graphicx, color}
        
        \newlength{\Width}%   KETpic特有のコマンド
        \newlength{\Height}%  
        \newlength{\Depth}% 
    
        \newcommand{\bd}[1]{\mbox{\boldmath$#1$}}%  よく使うコマンド
        \newcommand{\Fbox}[1]{\fbox{$#1$}}%
    
        \begin{document}
    
        \input{fig1.tex}
    
        \end{document}
       


    コンパイルすれば,sample.dviと言う図つきのTeXファイルが作成できる.

    最近はKETpicパッケージと言うのがあるらしい. 公式ページ内のダウンロードのtexmacro のketpicstyleF20100917.zipに ketpic.styと言うスタイルファイルがあるので,しかるべき 場所(私の環境では C:\tex\share\texmf-local\tex\)にそのファイルを移動させるだけ. プレアンブルに\usepackage{ketpic}を追加すればよい.KETpic特有のコマンドを入力する 必要がなくなるのがメリットだ.

サンプル(pdfファイル)ダウンロード

Mathematica ver.6ファイルダウンロード(右クリック保存推奨)

1.nb 2.nb 3.nb 4.nb 5.nb
6.nb 7.nb 8.nb 9.nb 10.nb
11.nb 12.nb 13.nb 14.nb 15.nb
16.nb 17.nb 18.nb 19.nb 20.nb
21.nb 22.nb 23.nb 24.nb 25.nb
26.nb 27.nb 28.nb 29.nb 30.nb
31.nb 32.nb 33.nb 34.nb 35.nb
36.nb 37.nb 38.nb 39.nb 40.nb
41.nb 42.nb 43.nb 44.nb 45.nb
46.nb 47.nb 48.nb 49.nb 50.nb

注意とお詫び