2005年度冬学期 全学自由研究ゼミナール

懐かしい未来を探る

担当 一井信吾
曜日:木曜 時限:5限
開催場所:数理科学研究科棟

説明会

10月6日(木)16:30より
数理科学研究科棟1階123号室にて
説明会を開催します。
興味ある方はぜひ参加してください。

概要

技術の歴史は、「最先端の技術」が「普通の技術」になり、そしていつしか「時代遅れの技術」になっていく歴史です。そして、その時々に、「最先端の技術」 とそれがもたらしてくれるはずの「未来の社会」を語る書物が書かれてきました。既に21世紀に入って「しまった」今、かつて輝かしくまたは重苦しく語られ た「最先端の技術」と「未来の社会」の姿を、共に見直してみませんか。これは単なるノスタルジーではなく、今まさに語られている「最先端の技術」と「未来 の社会」に関するさまざまな語りの毒を見抜き中和する有効な手立てとなるに違いありません。余禄として、駒場図書館の忘れられた蔵書や、古本屋の店頭均一 セールで見出せる書物の中から、宝物を見つけることができるかもしれません。

最初は、担当教員が選択した「最先端の技術」を語る書物、「未来の社会」を語る書物を互いに読みあい、発表討論します。雰囲気がつかめてきたら、各自駒場 図書館の書庫や古本屋を探り、それぞれの関心に応える書物を題材にしていきます。担当教員は専門柄情報技術、通信技術関係の書物を取り上げることが多いと 思いますが、それに限定しません。

Webページ http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~ichii/mirai/

2005-09-29 by si