東京大学 オープンキャンパス2004
日時 2004年8月3日(火) 13:30 〜 16:30
場所 東京大学 大学院数理科学研究科 大講義室/117号室

プログラム

☆ 13:30 〜 14:10 『数理科学研究科施設見学』

  1. 地階 大講義室 (研究科長挨拶)
    研究科長挨拶の映像 [7分34秒] (RealVideo 450Kbps)
  2. 1階 図書室
  3. 2階 計算機室
  4. 2階 コモンルーム

☆ 14:15 〜 16:30 『学部学生・大学院生・教官との質問コーナー』

内容 大学ではどのような数学を学ぶのか、数学の研究というのはどのようなことをするのか、数学にはどのような分野があるのか、数学者はどのようなことを考えているんか、など、教官と学生・院生が皆さんとの談笑を通じてこのような疑問に答えるコーナーです。ただし、受験数学は取り扱いません。
☆ 14:15 〜 14:55 『模擬講義 - 斉藤 秀司 教授』
題目 不可能の証明
内容 高校での数学は、普通は与えられた問題を解くことを求められる。この講義では、ある問題を解くことが不可能であることを示してみよう。その問題とは、長さ1の線分から出発して、定規とコンパスを使って、正n多角形を作図せよ(ただしn=3、4、5・・・)というものである。この幾何の問題をXn-1=0という方式を解く問題に言い換えることにより、この作図が可能であるためのnの必要条件を与えよう。一方、正17角形の作図が可能であることも示そう。
模擬講義の映像 [55分] (RealVideo 450Kbps)
☆ 15:45 〜 16:25 『模擬講義 - 今野 宏 教授』
題目 かたち
内容 日常生活でごく普通に、形が似ている、などというが、このことを数学的につきつめて考えてゆくと、いくつかの重要な概念に到達する。今回の話では、「形」というものを数学的にどのようにとらえるか、ということを通して、幾何学の世界を除いてみる。
模擬講義の映像 [50分] (RealVideo 450Kbps)

作成日: 2004年8月4日(水)