数理談話会

日時: 2018年3月10(土) 11:00-12:00   
会場: 数理科学研究科棟(駒場) 大講義室号室

講演者

新井仁之 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)


講演題目

視知覚の数理科学 (JAPANESE)



講演概要

本講演では、脳内の視覚情報処理の数理モデルとその応用に関して、講演者による結果を中心に述べる。まず数理モデルを作るために考案したかざぐるまフレームレットについて概略を述べ、それを基礎に構成した視覚情報処理の非線形モデルを概説する。さらにこれらを用いて行った各種の錯視の解析を示す。錯視は人の視知覚のメカニズムを解明する上で鍵となる極めて重要な知覚現象であると考えている。先端的な数学を用いることにより、錯視に関して従来の方法では得られなかったような多くの新しい知見が導かれる。このほか、本研究の応用として得られるさまざまな画像処理技術についても、実例を交えながらいくつかの結果を示す。