数理談話会

日時: 2018年2月23(金) 15:30-16:30
会場: 数理科学研究科棟(駒場) 002号室

講演者

田中 公 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)


講演題目

正標数における極小モデル理論について (JAPANESE)



講演概要

極小モデル理論は代数多様体の分類理論である。20世紀の初頭に確立された代数 曲面論に端を発し、1980年代に爆発的に進展した。特に、標数ゼロの三次元代数 多様体に対する極小モデル理論がこの頃に完成し、近年では正標数の世界におい ても大きく進展している。本講演では、極小モデル理論について概説した後、時 間が許せば正標数特有の問題等についても触れたい。