緒 方 芳 子 (OGATA Yoshiko)

 >個人ホームページ
講   座 離散数理学大講座 教授
研究分野 数理物理
研究テーマ
量子系における熱平衡非平衡統計力学
研究概要

量子系における熱平衡非平衡統計力学の研究を行っている。粒子が巨視的な量集まってなる系は、一つの粒子からなる系とはことなる独自の振る舞いをするわけだが、これを数学的に理解することに興味がある。特に、非平衡系については、非平衡定常状態と呼ばれる、熱平衡から大きく外れた定常状態について、作用素環論及び関数解析をもちいて研究をすすめている。非平衡定常状態とは、例えば左右の温度が異なる無限物理系が、時間無限大において至る状態のことである。

主要論文
  1. Vojkan Jaksic, Yoshiko Ogata, Claude-Alain Pillet
    The Green-Kubo formula for the spin-fermion system
    Communications in Mathematical Physics Vol.268 369-401 (2006)
  2. Vojkan Jaksic, Yoshiko Ogata, Claude-Alain Pillet
    The Green-Kubo formula and the Onsager reciprocity relations in quantum statistical mechanics
    Communications in Mathematical Physics Vol.265 721-738 (2006)
  3. Yoshiko Ogata,
    Large Deviations in Quantum Spin Chains,
    Communications in Mathematical Physics 296 (2010) 35--68
  4. Yoshiko Ogata 
    Approximating macroscopic observables in quantum spin systems with commuting matrices
    Journal of Functional Analysis 264 (2013) 2005--2033
学会

日本数学会

受賞

日本数学会賞建部賢弘奨励賞

日本数学会賞建部賢弘特別賞

第2回井上リサーチアウォード