過去の記録

過去の記録 ~05/23本日 05/24 | 今後の予定 05/25~

統計数学セミナー

13:30-14:40   数理科学研究科棟(駒場) 052号室
中谷 朋昭 氏 (北海道大学)
統計解析環境Rにおける多変量GARCHモデルの推定とパッケージ化 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
条件付相関係数型多変量GARCHモデルを推定するためのパッケージccgarch2を紹 介する。ccgarch2は、オープンソースの統計解析環境R用に開発されたアドオン パッケージであるため、幅広いOS上で動作可能である。ccgarch2では、代表的な 条件付相関係数型多変量GARCHモデルであるCCC-GARCH (Bollerslev, 1990)、 DCC-GARCH (Engle, 2002)およびその修正モデルであるcDCC-GARCH (Aielli, 2013)の推定が可能である。このほか、推定されたボラティリティや条件付相関 係数の図示、残差分析などの機能を備えている。報告では、上記の代表的GARCH モデルについて概説した後、ccgarch2の具体的な利用方法と、今後の改良予定に ついて触れる。
[ 講演参考URL ]
http://www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kamatani/statseminar/2013/03.html

2013年10月15日(火)

トポロジー火曜セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:00 - 16:30 コモンルーム
高瀬 将道 氏 (成蹊大学)
Desingularizing special generic maps (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
This is a joint work with Osamu Saeki (IMI, Kyushu University).
A special generic map is a generic map which has only definite
fold as its singularities.
We study the condition for a special generic map from a closed
n-manifold to the p-space (n+1>p), to factor through a codimension
one immersion (or an embedding). In particular, for the cases
where p = 1 and 2 we obtain complete results.
Our techniques are related to Smale-Hirsch theory,
topology of the space of immersions, relation between the space
of topological immersions and that of smooth immersions,
sphere eversions, differentiable structures of homotopy spheres,
diffeomorphism group of spheres, free group actions on the sphere, etc.

2013年10月12日(土)

調和解析駒場セミナー

13:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
このセミナーは,月に1度程度,不定期に開催されます.
加藤睦也 氏 (名古屋大学) 13:30-15:00
The global Cauchy problems for nonlinear dispersive equations on modulation spaces
(JAPANESE)
[ 講演概要 ]
本講演はべき型の非線形項をもつ非線形分散型方程式の初期値問題につい
て考える.
その具体例のひとつであるシュレディンガー方程式では
解空間にルベーグ空間$L^p$を用いて大域解の一意存在性を述べる際に,
非線形項のべきの指数に上限が必要となる.
その一方で, 解空間にモジュレーション空間を用いれば
その上限を超えて大域解の一意存在性を述べることが出来る.

しかし, この事実はシュレディンガー方程式のみでしか述べられていない.
そこで本公演では,より一般の非線形分散型方程式の初期値問題に対しても
同様の効果が得られることを示す.
熊ノ郷直人 氏 (工学院大学) 15:30-17:00
経路積分--時間分割法による経路空間上の解析
(JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Feynmanによる経路積分の導入から始め、
時間分割近似法によるLagrange型経路積分の理論を説明し、
残り時間を使って、Hamilton型経路積分の理論も説明する予定である。

1.(Lagrange型)経路積分が数学的に意味をもつ汎関数のクラスを与える。
厳密に言えば、
このクラスに属する任意の汎関数を振幅とする経路積分の時間分割近似法が、
始点と終点に関して広義一様収束する。
この汎関数のクラスは基本的な汎関数を含み、
和、積、経路の平行移動や線形変換、汎関数微分の演算に関して閉じている。
このため、
経路積分可能な多くの汎関数を創ることができる。
さらに、この経路積分にお いて微分積分学の基本定理、
Riemann-Stieljes積分やlimとの順序交換定理、
経路の平行移動や直交変換に関する自然な性質、
汎関数微分に関する部分積分、
準古典近似が成立する。

[1] N. Kumano-go,
“Feynman path integrals as analysis on path space by time slicing approximation
”,
Bull. Sci. Math. vol. 128 (2004).
[2] D. Fujiwara and N. Kumano-go,
“Smooth functional derivatives in Feynman path integral by time slicing
approximation”,
Bull. Sci. Math. vol. 129 (2005).

2.相空間(Hamilton型)経路積分が数学的に意味をもつ2つの汎関数のクラス
を与える。
厳密に言えば、
各々のクラスに属する汎関数を振幅とする相空間経路積分の
時間分割近次法が位置の始点と運動量の終点に関して広義一様収束する。
各々のクラスは、不確定性原理に関わる汎関数を排除しているため、
和、積、経路の平行移動や線形変換、汎関数微分に関して閉じている.
このため、相空間経路積分可能な多くの汎関数を創ることができる。
さらに、使用する際に注意が必要であるが、
この相空間経路積分において、
時間に関する積分やlimとの順序交換定理、
経路の平行移動や直交変換に関する自然な性質、
汎関数微分に関する部分積分、
Hamilton型の準古典近似が成立する。

[3] N. Kumano-go and D. Fujiwara,
“Phase space Feynman path integrals via piecewise bicharacteristic paths
and their semiclassical approximations”,
Bull. Sci. math. vol. 132 (2008).
[4] N. Kumano-go,
“Phase space Feynman path integrals with smooth functional derivatives
by time slicing approximation”,
Bull. Sci. math. vol. 135 (2011).

2013年10月09日(水)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
Pierre Fima 氏 (Univ. Paris VII)
Graphs of quantum groups and K-amenability (ENGLISH)

GCOEセミナー

16:00-17:00   数理科学研究科棟(駒場) 370号室
Oleg Emanouilov 氏 (Colorado State Univ.)
Determination of the first order terms for elliptic partial differential equations using the partial Cauchy data (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
In the bounded domain we consider the variant of the Calderon's problem for the second order partial differential equation with unknown first order terms. Under some geometric condition on domain we prove that the coefficients of this equation can be determined from the partial Cauchy data up to the gauge equivalence.

2013年10月08日(火)

トポロジー火曜セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:00 - 16:30 コモンルーム
清水 達郎 氏 (東京大学大学院数理科学研究科 )
An invariant of rational homology 3-spheres via vector fields. (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
In this talk, we define an invariant of rational homology 3-spheres with
values in a space $\\mathcal A(\\emptyset)$ of Jacobi diagrams by using
vector fields.
The construction of our invariant is a generalization of both that of
the Kontsevich-Kuperberg-Thurston invariant $z^{KKT}$
and that of Fukaya and Watanabe's Morse homotopy invariant $z^{FW}$.
As an application of our invariant, we prove that $z^{KKT}=z^{FW}$ for
integral homology 3-spheres.

2013年10月07日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
菊田 伸 氏 (上智大学)
The limits on boundary of orbifold Kähler-Einstein metrics and orbifold Kähler-Ricci flows over quasi-projective manifolds (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
In this talk, we consider a sequence of orbifold Kähler-Einstein metrics of negative Ricci curvature or corresponding orbifold normalized Kähler-Ricci flows on a quasi-projective manifold with ample log-canonical bundle for a simple normal crossing divisor. Tian-Yau, S. Bando and H. Tsuji established that the sequence of orbifold Kähler-Einstein metrics converged to the complete Käler-Einstein metric of negative Ricci curvature on the complement of the boundary divisor. The main purpose of this talk is to show that such a convergence is also true on the boundary for both of the orbifold Kähler-Einstein metrics and the orbifold normalized Kähler-Ricci flows.

2013年10月03日(木)

幾何コロキウム

10:00-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
開始時間と開催場所などは変更されることがあるので, セミナーごとにご確認ください.
浅岡 正幸 氏 (京都大学)
A rigidity lemma for cocycles over BS(1,k)-actions (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
多様体上のある幾何構造を保つ作用について,その摂動がまた同じ幾何構造を保つという現象がしばしば起きる.本講演では,このような等質作用の持つ剛性を統一的に理解するためのひとつの試みとして,Baumslag-Solitar 群 BS(1,k) = の作用の上のDiff(R^n,0)に値を持つコサイクルに関するある補題から,いくつかの等質作用の剛性定理が導かれることを見たい.

2013年10月02日(水)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
嶌田洸一 氏 (東大数理)
A classification of flows on AFD factors with faithful Connes-Takesaki modules
(JAPANESE)

2013年10月01日(火)

トポロジー火曜セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:00 - 16:30 コモンルーム
門田 直之 氏 (東京理科大学)
The geography problem of Lefschetz fibrations (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
To consider holomorphic fibrations complex surfaces over complex curves
and Lefschetz fibrations over surfaces is one method for the study of
complex surfaces of general type and symplectic 4-manifods, respectively.
In this talk, by comparing the geography problem of relatively minimal
holomorphic fibrations with that of relatively minimal Lefschetz
fibrations (i.e., the characterization of pairs $(x,y)$ of certain
invariants $x$ and $y$ corresponding to relatively minimal holomorphic
fibrations and relatively minimal Lefschetz fibrations), we observe the
difference between complex surfaces of general type and symplectic
4-manifolds. In particular, we construct Lefschetz fibrations violating
the ``slope inequality" which holds for any relatively minimal holomorphic
fibrations.

2013年09月10日(火)

保型形式の整数論月例セミナー

13:30-15:00   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
Yuval Flicker 氏 (Ohio State Univ. ) 13:30-15:00
Counting automorphic representations (JAPANESE)
Yuval Flicker 氏 (Ohio State Univeristy) 13:30-15:00
Counting automorphic representations II (JAPANESE)

2013年09月07日(土)

FMSPレクチャーズ

15:00-16:30   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
Bertrand Deroin 氏 (University of Paris-Sud)
Dominating representations by Fuchsian ones (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
We will focus on the problem of dominating the translation lengths of a representation from a surface group to the isometries of a CAT(-1) space by the lengths induced by a hyperbolic structure on the surface. This is related to the construction of 3-dimensional anti-de-Sitter compact manifolds. This is a collaboration with Nicolas Tholozan.

2013年08月12日(月)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
Roberto Longo 氏 (Univ. Roma, Tor Vergata)
Operator Algebraic Construction of Quantum Field Theory Models (ENGLISH)

FMSPレクチャーズ

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
Roberto Longo 氏 (Univ. Roma, Tor Vergata)
Operator Algebraic Construction of Quantum Field Theory Models (ENGLISH)

2013年08月09日(金)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
Tullio Ceccherini-Silberstein 氏 (Univ. Sannio)
Cellular automata and groups (ENGLISH)

2013年08月08日(木)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
Demosthenes Ellinas 氏 (Technical University of Crete)
Phase Plane Operator Valued Probability Measures: Constructions and Random Evolution (ENGLISH)

2013年08月07日(水)

FMSPレクチャーズ

16:00-17:00   数理科学研究科棟(駒場) 370号室
Philippe Guyenne 氏 (Univ. of Delaware)
Water waves over a random bottom (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
We present a Hamiltonian formulation for nonlinear surface water waves in the presence of a variable bottom. This formulation is based on a reduction of the problem to a lower-dimensional system involving boundary variables alone. To accomplish this, we express the Dirichlet-to-Neumann operator as a Taylor series in terms of the surface and bottom variations. This expansion is convenient for both asymptotic calculations and numerical simulations. First we apply this formulation to the asymptotic description of long waves over random topography. We show that the principal component of the solution can be described by a Korteweg-de Vries equation plus random phase corrections. We also derive an asymptotic expression for the scattered component. Finally numerical simulations will be shown to illustrate the theoretical results. This is joint work with Walter Craig and Catherine Sulem.

2013年07月29日(月)

数理人口学・数理生物学セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
江夏 洋一 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
時間遅れがもたらす微分方程式の解の特性変化とその応用 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
疾病の流行規模予測は, 感染症の駆逐過程で公衆衛生上の急務課題である.
ペストやマラリアなどの媒介生物による感染症の伝播を調べるために,
本講演では, 感染症モデルと呼ばれる力学系の漸近挙動, 特に平衡解の大域的安
定性に関する最新の成果を紹介する.
特に, vector population における潜伏期間を表す「時間遅れ」がもたらす微分
方程式の解の特性変化に着目し, multi-group モデルや糖尿病モデルをはじめと
する近年の応用例および結果も様々に紹介したい.

2013年07月26日(金)

博士論文発表会

13:00-14:15   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
磯野 優介 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Examples of factors which have no Cartan subalgebras(カルタン部分環を持たない因子環の例) (JAPANESE)

FMSPレクチャーズ

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
Birgit Speh 氏 (Cornell University)
Representations of reductive groups and L-functions (II) (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
In the second lecture we will quickly discuss Rankin Selberg integral approach to L-factors and then Shahidi's method of constructing L-functions by relating them to intertwining operators, leading to the definition of the the L-factors of tempered non degenerate representations. The lecture closes with a discussion of L-factors for nontempered representations.

談話会・数理科学講演会

16:30-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
旧記録は、上記セミナーURLにあります。
お茶&Coffee&お菓子: 16:00~16:30 (コモンルーム)。

Matthias Hieber 氏 (TU Darmstadt, Germany)
Analysis of the Navier-Stokes and Complex Fluids Flow (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
In this talk, we discuss the dynamics of fluid flow generated by the Navier-Stokes equations or, more generally, by models describing complex fluid flows. Besides classical questions concerning well-posedness of the underlying equations, we investigate analytically models arising in the theory of free boundary value problems, viscoelastic fluids and liquid crystals.

2013年07月25日(木)

博士論文発表会

15:00-16:15   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
神吉 雅崇 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Discrete integrable equations over finite fields(有限体上の離散可積分方程式) (JAPANESE)

講演会

13:00-15:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
Joergen E Andersen 氏 (Centre for Quantum Geometry of Moduli Spaces (QGM), Aarhus University, Denmark
)
モジュライ構造とChern-Simons量子場理論 (ENGLISH)

2013年07月24日(水)

代数学コロキウム

16:40-17:40   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
寺門康裕 氏 (東京大学数理科学研究科)
The determinant of a double covering of the projective space of even dimension and the discriminant of the branch locus (JAPANESE)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
Mikael Pichot 氏 (McGill Univ.)
The sofic property for groups and dynamical systems (ENGLISH)

< 前へ 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135 次へ >