過去の記録

過去の記録 ~02/17本日 02/18 | 今後の予定 02/19~

2006年07月11日(火)

トポロジー火曜セミナー

17:00-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
野田健夫 氏 (秋田大学工学資源学部)
全葉層の存在について(浅岡正幸,Emmanuel Dufraineとの共同研究)
[ 講演概要 ]
n次元多様体上のn個の余次元1葉層構造の組で、n個の葉層構造の接空間の共通部分が各点で0になるものを全葉層と呼ぶ。3次元の場合においては任意の有向閉多様体上に全葉層が存在することが Hardorpによって示されていた。3次元多様体上の全葉層をなす各々の葉層構造の接平面場は互いにホモトピックでありオイラー類が0になることが容易に分かるが、逆にオイラー類が0の平面場を与えたときそれを実現する全葉層が存在するかという問題が自然に生じる。
本講演ではこの問題に肯定的な解決をあたえる。
また、この結果の応用として双接触構造、すなわち横断的に交わる正と負の接触構造の組の存在問題にも触れたい。
[ 講演参考URL ]
http://faculty.ms.u-tokyo.ac.jp/~topology/

Lie群論・表現論セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
縫田 光司 氏 (産業技術総合研究所)
On the isomorphism problem of Coxeter groups and related topics
[ 講演概要 ]
コクセター群について、そのコクセター系としての同型類がコクセターグラフと一対一対応することは周知の事実であるが、一方で抽象群としての同型類は(ワイル群の場合に限っても)そのような対応をしていない。今回は、この同型類の決定問題について、その歴史のあらまし(特に、無限群も含めた一般の場合について、10年ほど前まで殆ど何の結果も得られていなかったことは特筆に価する)と、近年の研究の進展状況を、具体例や関連する結果を交えつつ紹介する。
[ 講演参考URL ]
http://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/seminar.html

2006年07月10日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
Do Duc Thai 氏 (Hanoi教育大)
Characterization of domains in $C^n$ by their noncompact automorphism groups
[ 講演概要 ]
In this talk, the characterization of domains in $C^n$ by their noncompact automorphism groups are given. By this characterization, the Bedford-Pinchuk theorem is true for any domain (not necessary bounded) in $C^n$.

2006年07月08日(土)

保型形式の整数論月例セミナー

13:30-15:45   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
伴 克馬 氏 (東京大学大学院数理科学研究科) 13:30-14:30
Rankin-Cohen-Ibukiyama operators for holomorphic automorphic forms on type I symmetric domains
谷口 隆 氏 (東京大学大学院数理科学研究科) 14:45-15:45
On Dirichlet series counting cubic alegebras

2006年07月07日(金)

談話会・数理科学講演会

16:30-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
お茶&Coffee&お菓子: 16:00~16:30(コモンルーム)
重定 南奈子 氏 (同志社大学)
周期的変動環境下における侵入生物の時空間パターンと伝播速度
[ 講演概要 ]
侵入生物の空間的な伝播に関する数理的研究は,Fisher (1937)の先駆的研究以来,外来植物や昆虫,伝染病などの侵入を中心に,主として一様な空間における拡散増殖モデルを用いて進められてきた.しかし,実際の自然環境は,森,林,河川,道路などの,生物にとって好適な環境と不適な環境がパッチ状に入り混じっており,決して一様な空間とはいえない.
本研究では、帯状の好適生息地と不適な生息地が交互に配列する2次元縞状 分断環境の中を、侵入生物が分布拡大する過程を拡散係数と増殖率が好適生息 地と不適生息地で異なる拡張Fisher modelを用いて記述し、それを heuristicな方法を用いて解くことにより,侵入種の分布拡大パターン,ならびに,伝播速度の数学公式を導いた.

2006年07月06日(木)

アジア数学史セミナー

17:00-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
斎藤 憲 氏 (大阪府立大学 人間社会学部)
ユークリッドをめぐる最新の研究動向
[ 講演参考URL ]
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kawazumi/asia.html

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 052号室
Rolf Dyre Svegstrup 氏 (東大数理)
Endomorphisms of half-sided modular inclusions

2006年07月05日(水)

諸分野のための数学研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Y. H. Richard Tsai 氏 (University of Texas)
Level Set Methods and Multi-valued solutions
[ 講演概要 ]
We review the level set methods for computing multi-valued
solutions to a class of nonlinear first order partial differential
equations, including Hamilton-Jacobi equations, quasi-linear
hyperbolic equations, and conservative transport equations with
multi-valued transport speeds.
The multivalued solutions are embedded as the zeros of a set of scalar functions that solve the initial value problems of a time dependent partial differential equation in an augmented space.
We discuss the essential ideas behind the techniques, the coupling of these techniques to the projection of the interaction of zero level sets and a collection of applications including the omputation of the semiclassical limit for Schr\\"{o}dinger quations and the high frequency geometrical optics limits of linear wave equations.
[ 講演参考URL ]
http://coe.math.sci.hokudai.ac.jp/sympo/various/index.html

2006年07月04日(火)

トポロジー火曜セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:00 - 16:30 コモンルーム
Alexander A. Ivanov 氏 (Imperial College (London))
Amalgams: a machinery of the modern theory of finite groups
[ 講演参考URL ]
http://faculty.ms.u-tokyo.ac.jp/~topology/

2006年07月03日(月)

複素解析幾何セミナー

14:00-15:30   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
Jörg Winkelmann 氏 (Université Henri Poincaré Nancy)
Complex Semi-Abelian Varieties II --- Compactifications and etc.

2006年06月28日(水)

代数学コロキウム

16:30-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 117号室
原下秀士 氏 (北海道大学・学振)
Configuration of the central streams in the moduli of abelian varieties

数理ファイナンスセミナー

17:30-19:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
楠岡 成雄 氏 (東京大)
転換社債の価格:均衡論的アプローチ

PDE実解析研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Jian Zhai 氏 (Zhejiang University)
Uniqueness of Constant Anisotropic Mean Curvature Immersion of Sphere $S^2$ In $\\Bbb E^3$
[ 講演概要 ]
We prove that the constant anisotropic mean curvature immersion of sphere $S^2$ in $\\Bbb E^3$ is unique, provided that the energy density function $\\gamma$ satisfies some reasonable assumptions.

2006年06月27日(火)

トポロジー火曜セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:00 - 16:30 コモンルーム
Cedric Tarquini 氏 (Ecole Nomale Superieure of Lyon)
Lorentzian foliations on 3-manifolds
[ 講演概要 ]
a joint work with C. Boubel (Ecole Nomale Superieure of Lyon) and P. Mounoud (University of Bordeaux 1 sciences and technologies)

The aim of this work is to give a classification of transversely Lorentzian one dimensional foliations on compact manifolds of dimension three. There are the foliations which admit a transverse pseudo-Riemanniann metric of index one. It is the Lorentzian analogue of the better known Riemannian foliations and they still have rigid transverse geometry.

The Riemannian case was listed by Y. Carriere and we will see that the Lorentzian one is very different and much more complicated to classify. The difference comes form the fact that the completness of the transverse structure, which is automatic in the Riemannian case, is a very strong hypothesis for a transverse Lorentzian foliation.

We will give a classification of complete Lorentzian foliations and some examples which are not complete. As a natural corollary of this classification we will list the codimension one timelike geodesically complete totally geodesic foliations of Lorentzian compact three manifolds.

2006年06月26日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
織田孝幸 氏 (東大数理)
Toward construction of Green current for modular cycles in modular varieties

2006年06月23日(金)

談話会・数理科学講演会

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
お茶&Coffee&お菓子: 16:30~17:00(コモンルーム)
Robert Gompf 氏 (University of Texas at Austin)
25 years of exotic $\\mathbb{R}^4s$
[ 講演概要 ]
A quarter century ago, 4-manifold theory was revolutionized by the Fields-Medal winning breakthroughs of Freedman and Donaldson, with Freedman showing that topological 4-manifolds behave like their higher dimensional counterparts, but Donaldson showing that smooth 4-manifolds behave in a completely different way. The interplay between these theories produces results unique to dimension 4: A fixed topological 4-manifold often admits infinitely many distinct smooth structures, for which no classification scheme is yet available. The quintessential example is that in contrast with other dimensions, Euclidean 4-space admits exotic smooth structures. That is, there are "exotic R^4s" homeomorphic to R4 but not diffeomorphic to it. We will survey what has been learned about these strange creatures in the last quarter century, and exhibit an explicit example.

2006年06月22日(木)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 052号室
Detlev Buchholz 氏 (Univ. Göttingen)
Integrable models and operator algebras
[ 講演概要 ]
Recently, it has been possible to establish rigorously the existence of an abundance of 1+1-dimensional local nets of von Neumann algebras describing an interacting massive particle with factorizing scattering matrix. This novel approach is based on structural results in algebraic quantum field theory concerning the modular structure of such theories. It is thus complementary to the older methods of constructive quantum field theory and settles some longstanding questions in the context of integrable models (form-factor program). In this talk, a survey is given on basic ideas, results and perspectives of this promising new approach.

2006年06月21日(水)

統計数学セミナー

16:20-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
石川 保志 氏 (愛媛大学理学部)
Malliavin calculus applied to mathematical finance and a new formulation of the intgration-by-parts
[ 講演参考URL ]
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kengok/statseminar/2006/05.html

2006年06月19日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
後藤竜司 氏 (大阪大学)
Deformations and smoothing of (generalized) holomorphic symplectic structures

2006年06月15日(木)

応用解析セミナー

16:00-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
6月15日は,集中講義と重なるため,開始時間を遅らせます.
Mark Bowen 氏 (東京大学大学院数理科学研究科/日本学術振興会)
Spreading and draining in thin fluid films
[ 講演概要 ]
The surface tension driven flow of a thin fluid film arises in a number of contexts. In this talk, we will begin with an overview of thin film theory and present a number of examples from the natural sciences and industrial process engineering. Similarity solutions play an important role in understanding the dynamics of general thin film motion and we shall use them to investigate the dynamics of an archetypal (degenerate high-order parabolic) thin film equation. In this context, we will encounter self-similarity of the first and second kind, undertake an investigation of a four-dimensional phase space and discover a surprisingly rich set of stable sign-changing solutions for the intermediate asymptotics of a generalised problem.

2006年06月14日(水)

PDE実解析研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Qing-Ming Cheng 氏 (Saga University)
Bounds on eigenvalues of Dirichlet aplacian
[ 講演概要 ]
In this talk, I shall consider the eigenvalue problem of the Dirichlet Laplacian. I shall mention the Weyl asymptotic formula,
Polya conjecture and its partial solution. Furthermore, I shall talk about Bochner-Kac problem.
For universal inequalities for eigenvalues, I shall consider
conjectures of Payne, Polya and Weinberger and their development. In the final, I shall talk the universal bounds for eigenvalues as main part of my talk, which is my recent joint work with rofessor Yang.
[ 講演参考URL ]
http://coe.math.sci.hokudai.ac.jp/sympo/pde_ra/index.html

2006年06月13日(火)

トポロジー火曜セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:00 - 16:30 コモンルーム
田中 心 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
A note on C1-moves
[ 講演概要 ]
鎌田氏によりチャートという概念が定義された。これは二次元円板上の 有向ラベル付きグラフであり、二次元ブレイドを記述する際に用いられる。 彼はチャートに対してC変形と呼ばれる三種類の変形(C1変形、C2変形、C3変形) を定義し、曲面ブレイドの同値類とチャートのC変形同値類の間に一対一対応が ある事を示した。 カーター氏と斎藤氏は、任意のC1変形は七種類の基本C1変形の列で得られる 事を示したが、その証明には曖昧な部分がある事が知られていた。本講演では 彼らとは異なるアプローチにより、彼らの主張に対して正しい証明を与える。

Lie群論・表現論セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
織田 寛 氏 (拓殖大学工学部)
古典型複素Lie環の一般Verma加群に対する最小多項式
[ 講演概要 ]
古典型複素Lie環 g の自然表現から自然に定まる U(g) 係数の正方行列を F とする.g のスカラー一般Verma加群 $M_Θ(λ)$ に対して,複素モニック多項式 q(x) で q(F) の各成分が全て Ann $M_Θ(λ)$ に属するような最小次数のものを “$M_Θ(λ)$ の最小多項式” とよぶ.M(λ) を $M_Θ(λ)$ を商加群とするVerma加群とし,q(F) の各成分と Ann M(λ) が生成する U(g) の両側イデアルを $I_Θ(λ)$ とすると,最近

(1) 各λに対する $M_Θ(λ)$ の最小多項式の明示公式
(2) $M_Θ(λ)= M(λ)/I_Θ(λ)M(λ)$ が成り立つためのλの 必要十分条件

が得られた(これらは大島により g = gln の場合には既に得られている).セミナーでは(2)を示すための q(F) の各成分の Harish-Chandra 準同型像の計算法を主に説明する.

2006年06月12日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
赤堀隆夫 氏 (兵庫県立大学)
The Rumin complex and Hamiltonian mechanism
[ 講演参考URL ]
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~hirachi/scv/akahori.pdf

2006年06月10日(土)

東京無限可積分系セミナー

13:30-16:00   数理科学研究科棟(駒場) 117号室
Boris Feigin 氏 (Landau Institute for Theoretical Physics) 13:30-14:30
"Critical" level for Vertex Algebras
[ 講演概要 ]
In the talk I present the construction of "VOA" on a critical level using fermionic screenings.Then I discuss the geometric background behind such algebras and applications - Langlands correspondence and related things
坂井 穣 氏 (北陸先端科学技術大学院大学) 15:00-16:00
酸化物非線形素子とその展開
[ 講演概要 ]
半導体からなるダイオード、超伝導体からなるジョセフソン素子 などは、それぞれに特徴的な非線形電流電圧 (I-V) 特性をもつがゆえに素子としての機能を発現する。本講演では、主にセラミックス 材料からなるいくつかの薄膜素子において最近観測された、電界誘起金 属転移や不揮発性抵抗変化といった興味深い非線形 I-V 特性を 紹介し、それらをメモリやロジック素子へ展開する可能性を探る。

< 前へ 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133 次へ >