代数学コロキウム

過去の記録 ~04/29次回の予定今後の予定 04/30~

開催情報 水曜日 17:00~18:00 数理科学研究科棟(駒場) 056号室
担当者 今井 直毅, 三枝 洋一

次回の予定

2017年05月10日(水)

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
加藤大輝 氏 (東京大学数理科学研究科)
Wild ramification and restrictions to curves (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
スキーム上のエタール層の暴分岐がすべての曲線への制限のArtin導手で決まるかどうかを調べ、特異点解消を仮定するとそれが正しいこと、特に、スキームが2次元の場合には正しいことを示した。
またその帰結として、(次元に関する仮定なしに)体上の多様体のエタール層のEuler-Poincare標数や、局所体上の多様体のエタール層から定まるGalois表現のSwan導手の交代和もすべての"曲線"への制限のArtin導手で決まるという結果を得た。