概要

数理科学研究科図書室は、数理科学研究科棟1階・2階に位置し、数理科学関係を中心に物理・情報科学など関連分野も含めた資料を網羅的に収集・提供しています。
研究科及び理学部数学科に所属する方へのサービスを主体としていますが、学内他部局の方や国内外の数学関係者にも多数利用されています。このことからも、資料の充実ぶりをお解りいただけるのではないでしょうか。
内部は比較的ゆったりとしたスペースで書架・閲覧席が設けられています。研究棟の向かいに位置する矢内原公園を望む席もあり、落ち着いて数学書と向き合いたい方には絶好の環境です。

沿革

年月主な出来事
1992(平成4)年大学院数理科学研究科設置。
理学部数学教室、教養学部数学教室、教養学部基礎科学科第一基礎数学教室を合併。
図書室は数理本郷、数理一研、数理基礎の3図書室が合併し、数理本郷が数理科学研究科図書室と称した。
1995(平成7)年9月研究科第I期棟完成。
数理本郷図書室が駒場に移転し、11月開室。(図書室として計画した予定面積の6割の面積)
1998(平成10)年6月研究科第II期棟完成。
一研、基礎数学図書室の資料を第II期棟保存書庫に収容。
1998(平成10)年度実質的に数理科学研究科図書室が発足。
2006(平成18)年図書室増築部分完成。
2階図書閲覧室増築。面積が1,519㎡に拡張。
2016(平成28)年11月2階閲覧室に書架増設。

統計

所蔵冊数(製本雑誌を含む)雑誌受入タイトル数雑誌所蔵タイトル数
169,8345621,802

(2016年3月31日現在)