学生の顕彰

数理科学研究科長賞


2017年9月
日本数学会秋季総合分科会において数理科学研究科博士課程の学生2名が2017年度日本数学会建部賢弘賞奨励賞を受賞しました。

金光 秋博
業績題目:ファノ多様体に関するカンパナ・ペターネル予想と向かいの問題への貢献
英文題目:Contribution to Campana-Peternell conjecture and Mukai's problem on Fano manifolds

三浦 達哉
業績題目:曲げ、付着、張力エネルギーの形状に及ぼす効果の数学解析
英文題目:Mathematical analysis on effects of being, adhension and tension energy toshapes