栗原 裕基 氏 講演概要

『 からだのかたちづくりを科学する 』

我々のからだのさまざまなパーツは、受精卵からの発生過程で細胞の増殖や分化、遊走などの複雑な活動によってかたちづくられていきます。からだの中の形態パターンが細胞の集団運動によってどのように形成されるのか、木の枝のように広がる血管のでき方を中心に、実験科学と数理科学の融合研究の成果を紹介します。