小林 亮 氏 講演概要

『 生物と数学とロボットと -理学の眼と工学の眼- 』

生物は物理的な存在であると同時に、合目的的な存在であるという二面性をもっています。このような対象を記述し理解するにはどうすればいいでしょう。今回は、数理モデルとロボットを作りながら、生物を理解しようというアプローチを照会します。